sanzokutop.jpg

懲りない面々!の「あぁ男はつらいよ談義」

(2018年3月17日 第10回演奏会「男の心唄!」のプログラムより)

古知屋  悟
(こちや さとる・バリトン)
♪1日2杯の酒を飲み〜十八番の歌を歌うだけ〜…の生活が突然馬鹿らしく、家呑み晩酌卒業。
飯は旨いし身体に良いし辛さ無し。♪お前と暮らせりゃ〜それだけで…

奥   忠恕 (おく ただひろ・バリトン)
人生辛かった事は思い出せない…?ので、認知症予防のため3団体で歌っている。
家族に「あの世に旅立つ直前まで歌いたい」と言ったら、「迷惑です」…と?

村上  隆得 (むらかみ りゅうとく・バリトン)
サラリーマン生活40有余年中、愛する家族を残し3度の単身赴任。
帰っても誰もいない暗く寒い部屋、寂しかった…が!仙台国分・千葉栄・大阪北新地は楽しかったな〜あっはは!

竹野  光容  (たけの みつひろ・バリトン)
男の持ち物…夢と浪漫、意地と我慢と心意気、純情・情熱・色気。キザな伊達男を決め込み、度胸で世間を渡り行く。
だけどやっぱり、男は山賊だ!

平井  文男 (ひらい ふみお・バリトン)
疎開で栗・いなご・ドジョウ採りは名人に!海外赴任で身に着けた語学力で孫7人にお年玉。良い爺やってます。
古書溢れる実家は価値ある古民家風…思い出はいつも美しく。

柴田  一男 (しばた かずお・バリトン)
「ご主人優しそうで良いわね」「は〜い」仕事も出来、優しさ満載。外面は最高評価だが女房は否定。
常にいい顔してたら身体が持ちません。「なんだこのタコ!」が本音。

水野  英紀 (みずの えいき・バリトン)
合唱は50代から、英語クラブ・ハーモニカは退職後に始め、早10年。やっと慣れた所で共通性を発見。
「継続は力なり!」面白くなり、楽しいです。

横溝  利夫 (よこみぞ としお・バス)
掃除は?「ハイ」、食器洗いは?「ハイ」、背中痒い、掻いて!「ハイ」、今では全て奥方の命ずるまま。
私の人生大逆転!用済み老いぼれは…辛いネ〜

越川  洋一 (こしかわ よういち・バス)
生まれ変わるなら女だな!。そして音楽家を目指し、モノにならんければ結婚する。
しかし男は家族を養うため、余程の覚悟がなければ夢は追えない。男はつらいよ!

永留  峰登 (ながとめ みねと・バス)
京成柴又駅前寅さん像を過ぎ、信号の先には「男はつらいよ」の世界が広がる。私の住まいは江東区で葛飾区は近い。
だから何? 悩みは? …それは秘密です。

阿部   力 (あべ つとむ・バス)
会社に尽くして40年、悠々自適の老後なれど、妻には疎まれ、メタボは進み、孫の笑顔が生きる糧。
減量努力の甲斐も無く、今日も涙の日が落ちる。あ〜あ…

児玉  正博 (こだま まさひろ・バス)
「男は中身だ!」と言われて頑張ってきた。糟糠の妻は得たものの、富も無ければ名誉も無く、才能さえも見当たらず。
それでも目指そう、大輪の花の咲くまでは。

土谷  準明 (つちや のりあき・バス)
義理と人情・ストレス現役にオサラバして7年。今じゃ男の手料理自慢の毎日だ。
デモ、昨日も誰かさんから「味はもう一つネ」…と。男のパラダイスは何処に!

金丸   亘 (かなまる ひさし・バス)
音合わせの基準音はラ、赤ん坊の産声もラ。
そこから生まれるピュアな旋律を奏でるピアノと指揮に、今、私の聴覚は孫の鳴き声に重なる。ラ〜ララ

秋山  茂夫 (あきやま しげお・トップ)
ガキの頃から多動児で、常に全身傷だらけ。ジジイになっても落ち着かず、いまだに忍者とアクション映画が大好きで!
果たして大人になれるのでしょうか? アチョ〜

鈴木  紀義 (すずき きよし・バス)
メロディーは生き方・リズムは生活・ハーモニーは愛・これぞ人生。
だから転調・変拍子・音外れも何のその。狂いなんて気にするな。堂々と生きよう男道!

会田  政信 (あいだ まさのぶ・トップ)
妻に誘われ第九を歌って以来合唱三昧。しかし合唱デートを楽しんだ妻は突然病に倒れた。
歌を無くした妻を思うと俺は辛い。それでも俺は歌い続けるんだ。

有泉   満 (ありいずみ みつる・トップ)
日曜は格別早起きしバスと電車を乗継、湘南台で仲間の車に便乗。山賊に着く頃には、かなり疲れる。
歌詞の記憶も怪しいのに、感情の表現まで求められ四苦八苦。頭の刺激か?

森谷   功 (もりや いさお・トップ)
1日300円亭主でも笑顔で働き、家に帰れば炊事は勿論、掃除・洗濯・ゴミ出しの毎日です。
それもこれも「健康のため」と愛妻は言う。決して辛くはありませんヨ。ハイ!

浅見  博文 (あさみ ひろふみ・トップ)
男は辛抱。幾多の試練を克服して、今ここに能天気人間に成り得たのだ!
これからも共に歌い、舞台を楽しみ、ゴルフに興じ、孫を愛でながら人生を謳歌。

上原   清 (うえはら きよし・セカンド)
話題といえば、「誰それがアチラの国へ」「連れ合いに先立たれ」「やる気を無くした」…
だけど私は「♪人生半分」を唄って、これからウン10年、頑張って楽しまないと。

篠田   修 (しのだ おさむ・セカンド)
手を取り合って40年。君と一緒にやって来たのでなければ、誰と一緒にやってこれたのか?
孫の成長も楽しみに、次の10年も頑張るぞ!

徳増  良一 (とくます りょういち・セカンド)
入隊3年、未だに歌詞・暗譜が苦手ですが、皆で一緒に大きな声で歌うのが大好き。
家族の支えと前向きな自分を信じて、歌い続けていきたいものです。

辻   政昭 (つじ まさあき・セカンド)
3歳の孫娘はバアバにベッタリ。私が孫の支配域に入ると「ご注意くだされ」とバッテン合図。
「バアバと○○ちゃんの場所だから入っちゃダメ」と締め出される。辛いね!

武田  和雄 (たけだ かずお・セカンド)
山賊入隊15年、いまだ初心者。60の手習いで始めたが、3歩進んで3歩下がる、の繰り返し。
ま〜「楽しければこれもまた、良し」…とするか!

広浜  哲哉 (ひろはま てつや・酒席情任人生棒振り)
大好きな音楽を続ける人生は楽しいばかりで辛いことなど何も無く、ず〜っと青春。
明るい未来にまっしぐら。夢見る頃を過ぎても〜夢の途中。人生未完、夢のまた夢!

女だってつらいのよ
川久保 純子 (かわくぼ じゅんこ・音姫ピアニスト)
涙は女の武器と言うけれど、上手くいかない事が多くても、泣いて生まれてきたから、笑っていこう。
笑う門には福來たる ♪ 一緒に笑いましょ❤️ 山賊で!

大庭山賊男星合唱隊を退団されたメンバーの声

上原   清 (うえはら きよし・セカンド) 2019年8月11日・退団

広浜隊長、純子先生、山賊の皆様

本日は私たちの為に、木遣りで送っていただき、心から感謝申し上げます。
職場を離れてからの人生をこれ程までに引っ張ってくれた、山賊の魅力とは何でしょうか?
何よりも歌が「好き」この一言でしょうか、その様に仕向けてくれたのは、山賊を立ち上げ、 指導下さる、純子先生と広浜隊長の力でしょうか。皆様の温かい心でしょうか、 何れ目に見えぬ何かに魅かれ、17年も通い続けてまいりました。
思い出は語りつくせません。今日の「木遣り」の歌をこの胸にしっかりと刻み、元気の源にして過ごして参ります。
家内も山賊の皆様に出会えた事、木遣りの太鼓とピアノと歌声に涙があふれ、皆さんの顔が見えなかったと言っています。
これからも、山賊を応援してゆきます。
本当にありがとうございました。

  令和元年8月11日

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大庭山賊男星合唱隊は、退団されるメンバーに、お元気で過ごしていただけるよう「木遣り」を合唱しお送りしています。